ビルを管理しているオーナーさんであれば、ビル清掃サービスについて調べたこと、もしくは今現在サービスを利用している方もいらっしゃると思います。清掃業者は多数ありますが、その中からコスパの良い1社を選ぶのってなかなか難しいですよね。そこでおすすめしたいのがフランチャイズ加盟店の清掃サービスです。詳しく説明していきます。

ビルクリーニングとハウスクリーニングは何が違う?

ビルクリーニングとハウスクリーニングは何が違う?ビルクリーニングやハウスクリーニングはテレビで特集が組まれるなど、掃除をする暇もない忙しい現代社会の中で利用する方も増えてきています。
どのような違いがあるのかを見ていくため、ビルクリーニングとハウスクリーニングについて、それぞれ簡単に説明していきます。

ビルクリーニングとは

ビルクリーニングの清掃内容は、その名の通り、ビルを清掃するサービスです。
ただ、一言でビルと言っても様々な施設の清掃を担当しています。
オフィスビルはもちろんのこと、ショッピングモールや図書館、学校、病院なども行っています。

そのため、清掃業者と他の企業が交渉して契約することが多いです。
企業間取引(BtoB)とも言われていて、一般の消費者が清掃を依頼できることはほとんどありません。
BtoBによる「清掃を担当する会社」と「施設を管理している会社」の間で取引されることが多いからです。

ハウスクリーニングとは

ハウスクリーニングでは、清掃員の人を依頼者の自宅まで派遣して、掃除をするサービスを提供しています。

そのため、企業が一般の消費者の方と直接取引をする(BtoC)サービスを提供しています。
消費者が掃除の依頼をハウスクリーニングの会社に依頼することが可能です。
電話やインターネットを使用して、直接掃除を申し込むことができます。

ビルクリーニングはBtoBなので一般の人は依頼できませんが、ハウスクリーニングはBtoCのため一般の方でも掃除を依頼することができる点が1番の違いです。

ハウスクリーニングはレンジフードやエアコンも頼める

一般のご家庭でも依頼することができるハウスクリーニングのサービス内容を見ていきましょう。
主に各依頼主の自宅の掃除がメインとなっています。
フローリングに掃除機をかけたり、お風呂場やおトイレ、台所などの水回り清掃が多いです。
ただ、それだけではなく、レンジフード(換気扇)やエアコンの掃除といった、時間があったとしても自分だけではどうしようもない場所もやってくれるハウスクリーニングの会社もあります。

レンジフード(換気扇)はきれいにしていないと、油の汚れがこびりついて、市販で売られているお掃除用品ではどうしようもないこともあります。
もっとひどい状態になると、取り外しもできないケースもあるので、掃除をしたくても出来なくなってしまうこともあるのです。
そうなってしまってからでもハウスクリーニングに依頼すると、専門の知識や技術を持ったスタッフを派遣してくれるので、細部までキレイにしてもらえます。

エアコンの掃除についても、同じように専門の技術と知識を持った担当者が自宅まで来てく行ってくれます。
手が届かない内部の場所もきれいにできるよう、専用の機械を使用して掃除をしてくれることが多いです。

エアコンの掃除を行わないと、エアコンの内部にはほこりが溜まってしまうだけでなく、カビが繁殖したり、それによってアレルギーを発症することもあります。
また、そんなエアコンを使用すると独特の変なニオイが部屋のなかに充満して、その悪臭に悩まされることもあります。
ハウスクリーニングに掃除をしてもらうと、そんな悩みも解決可能です。
アレルギーや匂いの対策になるだけでなく、エアコンの動きが良くなり電気代が安くなることもあります。

あわせて読みたい記事